お電話でのご応募お問い合わせ

徹底したサポートとフォローアップ

手軽な占い方法として電話占いがあります。もちろん、電話占いをはじめたからといって簡単に常連客が見つかるわけではありません。そこで、ここでは「電話占いで人気を獲得するためはどのようなことに注意すればいいのか」について具体例をあげながら詳しく紹介いたします。

①電話占いはどんな人が相談するのでしょう

電話占いの魅力は、思い立ったらすぐに占ってもらえる気軽さにあります。時間が取れないときや遠距離で足を運べないときにも電話占いなら簡単で便利だからです。相談者の性別や年代にはっきりとした特徴は見られませんが、場合によっては電話占いだから相談できると感じる人もいるでしょう。つまり、電話占いを利用すれば占師とさえ顔を合わせなくても相談できてしまいます。それだけに、身内や友人などにはできない深刻な悩みを相談したい人やはじめて占いをして欲しい人にとって、電話占いは重宝する占い方法です。

②電話占いのメリットとデメリットを理解する

電話占いの大きな特徴は、対面ではないことです。しかし、それはメリットでもありデメリットでもあります。メリットとなるのは、対面占いに比べて相談しやすいことです。一方、デメリットはお互いを実際に見ることができないことになります。対面して話す場合に比べて、相手の態度やようすを電話口でははっきりと読み取れません。つまり、占師は相談者の立場を完全に理解できないまま占い結果を導かなければいけないケースも出てくるのです。電話占いでは声のトーンを手掛かりに、相手のようすをくみ取るようにしなければいけません。

③電話占いで人気を獲得するためのコツ

さまざまな悩みを抱えた人は、電話占いをうまく活用することで、前向きな気持ちになりたいはずです。そのためにも、電話を利用した占いでは親身になったサポートとフォローアップが欠かせません。占い結果を伝えるときも相談者の立場になり、話し方に少し工夫を設けるのがコツです。もし、否定的な占い結果だとしても頭ごなしに全否定してしまうのではなく、注意するポイントや回避案などをいっしょに伝えることで相談者の気持ちを明るくするように心がけましょう。また、フォローアップについて、会話中に知ることができたエピソードや思い出を次回のときにもすぐに反映させられるように自分なりのコメントを書き加えたリストを作成することも大切です。対面の占いに比べて、相談者の気持ちをくみ取りやすくするための工夫をほどこすことで、特に再指名を受けた際に違いが生まれます。電話占いで人気を得るためには小さな工夫を積み重ねることが大切で、それを続けることで自然に常連客を獲得できます。もちろん、相手のハートをつかむためには臨機応変なトーク力も欠かせません。悩みを解決することだけが目的ではなく同じ目線となり共感することで、相談者との心の距離を少しずつ縮めましょう。

▲PAGE TOP