お電話でのご応募お問い合わせ

ウィルには厳しいノルマや罰金罰則はありません!

占いが好きで、よく対面占いや電話占いを利用している人もいるでしょう。自分が占いで悩みを解決できたことがきっかけで、電話占い師に興味をもったとき、どの電話占い会社に所属すれば安心なのかわからないことがあります。電話占いのサイトでは占い師の求人が記載されていることもありますが、応募する際は求人内容のどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか?

①罰金罰則のある電話占い会社は注意!

電話占いの求人情報や契約書を確認するときは、「罰金罰則なし」としっかり記載されていることを確認しましょう。罰金罰則に関してまったく記載されていなかったり、いざ契約するときに契約書に目立たないように小さく記載されていたりするような場合は注意が必要です。そもそも、罰金罰則とはどのようなものなのか気になる人もいるでしょう。たとえば、「相談者の電話に応対することができなかった」「予定していたシフトを急遽変更した」「相談者からのクレームがあった」などで罰金罰則が適用されたりすることがあります。時には、会社の規定でノルマが課せられていて、達成できなかった場合に罰金や罰則の対象になる会社もあるのです。まずは、「罰金罰則なし」の電話占い会社に応募するようにしましょう。罰金罰則についてはっきりわからないときは、運営している電話占い会社に確認することも大切です。

②ノルマがないことは大切!

電話占い師にノルマを課す電話占い会社は、できれば避けたほうがよいでしょう。なぜなら、占い師が精神的、かつ時間的にも負担に感じる可能性が高いからです。ノルマの例として、待機時間や鑑定時間などがあげられます。待機時間のノルマが課せられてしまうと、やむを得ない事情でシフトで待機する時間をキャンセルするのが難しくなります。そのため、自分のスケジュールが自由になる時間が制限されてしまう可能性があるでしょう。また、鑑定時間のノルマは「初回鑑定無料分を電話占い師が10人までは負担しなければならない」というような内容です。仮に初回鑑定無料時間が10分であるとき、10分以上相談者が相談してくれないと、10人×10分は無給となってしまいます。さらに、このような鑑定ばかりをこなし続けていくと、まったく収入が入らないということになりかねません。このようなノルマがある電話占い会社に所属すると、精神的にも疲れてしまうことになるでしょう。待機時間や鑑定分数のノルマがあると、時間を無駄にする可能性があるばかりか、稼げないという問題が発生します。

③契約書はすみずみまでチェック!

電話占い師になりたいと考えている人は、罰金罰則やノルマがない電話占い会社に応募するようにしましょう。もし、採用が決まったとしても、即決せずに契約書をしっかり確認し、不明な点は確認しておくことが大切です。後悔しないためにも、罰金罰則やノルマの有無、勤務時間や休日、給与の支払い方法、契約を解除するときの方法などはしっかり契約書を読んで把握しておきましょう。安心して仕事ができる電話占い会社は、厳しいノルマや罰金罰則はありません。そのため、それぞれの電話占い師の生活リズムにあわせて対応することができるでしょう。

▲PAGE TOP